HOMEサービス、商品情報>D・A・Tとは

人事・採用・人材育成 D・A・Tとは

変化多発のグローバル化社会に対応できる「人間力」を持つ、人材を見極める企業力アップの適性診断。

行動科学や心理学の最新知識を基に、大阪大学経済学研究科 開本浩矢教授 監修のもと、経営学・心理学に精通した頭脳集団「人材開発研究所」と共に、株式会社デイリー社が日本企業向けに開発した適性診断テストです。さまざまな変化に対応できる『人間力』、すなわち人間に限りなく秘められた潜在能力に着目し、従来の適性診断では判定できなかったオリジナルのシステムで、「発想力」も測定しています。

株式会社デイリー社の長年にわたるゴルフ場やホテルの経営マネジメント経験から生まれた適性診断テスト「D・A・T」。サービス業ならではの視点から生まれました。必要以上に難しい文章の読解力を問うような問題は無く、基本的な「頭の回転の良さ」を計るように設計されています。

独自のシステムにより、『人間力』を見極める3つの要素『論理的思考能力』『発想力』『パーソナリティ』を診断し、人間に秘められた自己の限りない潜在能力を発掘できる適性診断です。

適性診断 人間力を見極める3つの要素
デイリー社 適性診断 論理的思考能力テスト

基本的な知的能力を見極めます。論理的思考能力テストは、企業経営研究にも詳 しい心理学者によって開発された信頼性の高い測定ツールです。
偏差値によって、1人1人の基本的な知的能力を比較することができ、受検者の相対的な知的能力を見極めることが可能になります。

デイリー社 適性診断 発想力テスト

21世紀の人材に求められる能力として最も重要視されているのが、「発想力」です。
ある課題に対して、具体的に「解決策Aとして・・・、解決策Bとして・・・このような案を提案します。」と、具体的な解決案が提案できる人物は、「発想力」が高い人と言えます。
この発想力によって、企業の価値やブランドが左右される時代が来ています。今までのようにある決まった道の無い状態では、如何に他社と違う「発想力」で差別化を計るか大きな問題となってきます。
これまでは、経営陣のみが発想力を発揮すれば良かったのですが、これからは、全ての社員の発想力が求められています。

デイリー社 適性診断 パーソナリティテスト

最新の研究ではパーソナリティは5つの特性から測定でき、専門的にパーソナリティを評価することによって、社会的適性や職務適性が明らかになります。
また、情緒安定性、不安定性を測ることができます。


300の設問から、論理的思考能力・発想力・パーソナリティを測定。 適性診断を受けた方の能力を伸ばす指示方法の提示や能力アップセミナーの提案をいたします。
適性診断D・A・T 構成と診断内容解説へ
page up